敷金と礼金について知っておこう

賃貸選びを決して難しく考える必要はありません。良心的な不動産屋で納得のいくまで話を聞いてみましょう。
不動産屋の中には悪徳業者も存在していますので、不動産屋選びにも注意をするようにしてください。 契約時に大家さんへ支払う礼金は、お礼の意味を持っていますので、後々戻ってくることはありません。
最近では礼金が不要の物件も多く出てきましたが、基本的には家賃の1〜2ヶ月程度が礼金の相場となります。

 

物件の契約時には、必ず敷金を支払うこととなりますが、これは家賃滞納の補填に使用されたり、退去をする時の修復費として利用されます。
例えば家賃を滞納してしまったら、それに敷金が使われ、また退去時の現状復帰などでも敷金から差し引かれることとなります。

 

一時期テレビ番組でも討論された賃貸の敷金の使われ方ですが、これはガイドラインが存在しています。
このガイドラインを確認してどこまでが原状回復として敷金が使用されるのかを、知っておくと良いでしょう。



敷金と礼金について知っておこうブログ:21/11/06

オレのママの実家は伊豆の修善寺にある旅館で、
幼い頃遊びに行くと、
板前さんが家族のために作ってくれる料理を食べさせてくれました。

おいしくて見栄えもキレイに作られたそのまかないの食べる事は、
オレにとって特別なものでした。
いつも楽しみで、強い憧れのようなものを抱いていました。

我が家は、至って普通のサラリーマン家庭。
ママは食べることは一流でも、うではそこそこ。
どちらかというと料理よりも洋裁が好きで、
1日中ミシンがけをしていることもありました。

でも、シチューやコロッケといった
当時で言えばハイカラなものが好きだった父のために、
料理教室で習ってきては、一生懸命作ってくれたものです。

決して豊かではない時代に
オレは「普通のものを普通に」食べさせてもらったと思っています。

ママの愛情がこもった料理と、
祖母の家で食べる特別な料理…
どちらも大切な味の記憶です。

ママが作ってくれる料理で大好きだったのが
「なまり節と茄子の焚き合わせ」。

なまり節と茄子を適当に切って、
醤油と生姜で甘辛く焚いたものですが、
これがとびきりごはんに合うんですよね!

最近はなまり節もあまり店頭で見かけなくなり、
オレとしてはとても残念です。

もう一つ好きだったものは「おせち料理」。

食べるのはもちろん、
オレは作るのを手伝うのが好きでした。

キントンや錦卵を裏ごししたり、豆を煮たりという工程が大好きで、
大晦日も紅白歌合戦を見ながらせっせと手伝うのが常でした。

ぬかみそを混ぜたり、
白菜漬けを手伝ったりするのも好きでしたから、
ママもラッキーだったと思います。

ママはオレが料理をしたがると、
台所を解放してくれて、
好きなだけ自由に作らせてくれました。


このページの先頭へ戻る